カテゴリ: 日本のくらし

43
11月はじめ。
写真は去年の今頃に撮った、ルシアン珈琲。
フィンガーチョコを添えてくれたお店は、名古屋市千種区の珈琲専科「伯爵」



10月を振り返れば、遅くまで到来した大型台風に辟易。
気象状況が地球温暖化によるなら、今年に限ったことでなし。
防災知識を得て備えようと、あちらこちらのウェブページを見て回りました。



まずは地球温暖化について、気象庁のページを閲覧。
来年は涼しくなってくれないかという、淡い期待を抱いてましたが。
右肩上がりの「海面水温の長期変化傾向(全球平均)」グラフに、あっさり打ち砕かれました。
[地球温暖化]海水温・海面水位・海氷の長期変化傾向

次に、ハザードマップのページを巡回。
避難所については、9月にブログで取り上げた時に確認済みなので。
(ブログ記事:避難所は日頃に確認
10月にあった他所の土石流災害について、気になるところがあり。
東京都と国のハザードマップを閲覧。
東京都森林事務所の東京都山地災害危険地区マップ
東京都建設局の洪水ハザードマップ
国土交通省 ハザードマップポータルサイト

気になったのは、島しょ部の警戒指定区域。
指定区域が設定されれば、住民への周知や環境整備も行われますが。
上記ハザードマップを見たところ、あるのは国土交通省の津波、火山のみ。
東京都防災サイトの地域防災計画は未確認です)

そういう状況で、風水害を想定した避難勧告を発令することは、容易なのか。
そもそも避難所運営はどういったものなのか、運営して被災しなかったらどうなのか。
防災救助法に関するページをあちらこちら閲覧。

一番わかりやすかったのは、宮城県気仙沼市のサイト。
災害救助法について
避難所の運営経費については、産経新聞の記事がわかりやすかった。
伊豆大島 積極避難に財政の壁も 避難所運営経費、人件費・・・「国は助成を」
記事には、積極避難の機運が高まっているとの一文があり。
積極避難に思い出したのは、避難所は日頃に確認で取り上げた自助共助の考え。

ここで、自助共助について、あらためてその意味を考えてみると。
自助は自らを助けること、共助は周りの人々を助けること。
公助はどうしたのか。

自助・共助・公助について検索したら、「平成23年 国土交通白書」がヒット。
見れば、「自助・共助・公助の連携強化」という見出しあり。
自助共助の推奨は、国が率先して行っているらしい。
東日本大震災の教訓を活かした災害対策の総点検の必要性

さらに、最近ではどうなのか検索したところ。
10月に行われた、国交省・学会合同調査団による防災報告がヒット。
見れば、「いますぐ、自分の居場所の浸水深、避難場所・避難方法を確認!」という見出しあり。
自助共助の推奨は、ますます強まっているようです。
〈 「サンディ」国交省・学会合同調査団〉 緊急メッセージ 大都市圏「想定外に対応せよ」

推奨されても、防災対策ってなにから始めればよいのやら。
それについても、国がなにかしら指針を表明しているのでは。
検索したら、内閣府の防災情報サイトに行き着きました。
身近な防災対策について(PDF:761KB)

身近な防災対策について」の内容は、わかりやすいQA形式。
冒頭Aはズバリ、「⼀気にやってしまおうと気負うより、少しずつ実施することをお勧めします」。
おすすめ非常食にサンドウィッチをあげていたり、日頃の生活にあった内容に、なるほどなるほど。

防災情報サイトにはこのほか、防災シミュレーターもあり。
リビングでテレビを見ている間、震度6強の地震が来たらどうするのが適切かなど。
試してなるほど、わかりやすくためになる内容でした。
【防災シミュレーター】震度6強体験シミュレーション



以上、防災を学んでみて。
思ったのは、防災習慣づけを広めるにはどうしたら、ということ。
避難訓練と構えず、日頃の生活をしながら身に付けられるのが肝。

以下、わたしにできそうなこととして、考えてみました。

・防災シミュレーターの正解パターンを動画にする、マンガにする
・非常食レシピを作って、在宅避難生活のデモコンテンツを作る
・避難所に行くまで、行って避難生活、帰宅までのデモコンテンツを作る
・帰宅困難者にならないためのデモコンテンツを作る
・作ったものは配布するほか、体験イベントを実施する
・実施においては、参加者にあった備え方法を設定する

広く情報を伝達して共有するには、いろいろな形をとるのが最良。

防災について検索した中、「自助・共助・公助とは何ですか?」という姫路市のページに行き着き。
メニューバーのキャラクターが気になり、姫路市キャラクター名鑑にアクセス。
「しろまるひめ」をはじめ、いろいろいるなぁと眺め、あらためてそう思いました。

a0003_000235
写真は足成(撮影者:Kazuya Inoh)から。

読書の秋、書店の窮状を伝える記事を読みました。

消える書店:ネットに負け相次ぎ閉店 地域中核店も
毎日新聞 2013年10月23日 18時27分

閉店を惜しんで多くの市民が詰めかけた「海文堂書店」の店先=神戸市中央区元町通で2013年9月30日、渋谷卓司撮影閉店を惜しんで多くの市民が詰めかけた「海文堂書店」の店先=神戸市中央区元町通で2013年9月30日、渋谷卓司撮影

 出版不況がいわれる中、書店の廃業・閉店の波が街の小規模書店だけでなく、地域の中核書店にも押し寄せている。先月末には、海事書などで有名だったミナト神戸の老舗が店を閉じた。文化の担い手でもあった老舗書店が相次いで店をたたむ背景には、消費者の本離れだけでなく、欲しい本が最速で当日中に手に入るアマゾンジャパンや楽天などネット書店への顧客流出もあるようだ。【田畑知之】

 9月30日、神戸市の元町商店街にあった老舗、海文堂書店が店を閉じた。同店は今年で創業99年。この日、常連客と店員が「これまでありがとう」「力不足でした」などと言葉を交わす姿が見られた。

 海文堂は延べ面積730平方メートルの中規模書店。文芸書や児童書に加え、海事書の在庫が豊富なのが特徴で、最盛期の1996年ごろには売り上げが一日100万円もあった。ところが2000年ごろから低迷し、昨年は最盛期の約6割まで落ち込んだ。福岡宏泰店長(55)は「雑誌が売れなくなったことや全国チェーンの大型書店の影響もあるが、大きいのはネット書店の影響だ」と振り返った。

 書店は全国で減り続けている。書店のデータベース「ブックストア全ガイド」を出している出版社、アルメディア(東京都)によると、00年に全国で2万1654店あった書店は、13年5月時点で1万4241店と、34%も減少している。

 札幌市では4月、開店42年のリーブルなにわが、6月には開店65年のアテネ書房が、それぞれ閉店した。ともに市街地の中心部にあり、地域の中核書店だった。高知市では6月、高知城堀端の老舗、冨士書房が店を閉め、外商専門に切り替えた。出版業界に詳しい近畿大非常勤講師のフリーライター、永江朗さんは「全国的に有名だった海文堂の閉店はこうした流れの象徴。書店関係者に衝撃を与えている」と言う。

 なぜ中核書店が持ちこたえられなくなったのか。海文堂の福岡店長は「お客さんが待ってくれなくなった」と話す。書店が卸業者に注文しても、本が店に届くには1週間前後かかる。それに対し、独自の物流基地を整備したアマゾンや楽天は翌日配達も可能で、地域によっては当日に本が届く。「『1週間もかかるのだったらいらんわ』となる。かなわない」(福岡店長)。さらにネットオークションには、出版して日の浅い中古本が安く出回る。

 加えて、書店の本棚で思わぬ拾い物を見つけるという読書家の楽しみも、ネット通販の「お薦め」機能が提供するようになっている。通販で本を買うと、購入履歴や同じ本を買った人たちの傾向を分析し、「こんな本はいかがですか」と表示されるのだ。福岡店長も「『お薦め』の精度が上がったせいで我々の優位性が脅かされた」と話す。

 大型書店も生き残りに必死だ。ジュンク堂書店は09年、大日本印刷の子会社になり、同じく傘下の丸善書店と「MARUZEN&ジュンク堂書店」の屋号で新店を大阪などに四つ出した。両書店の岡充孝副社長は「ネットに対抗するには、専門書の豊富な在庫を持つという大型書店の特徴を強調するしかない」と話す。

 ◇「皆さん、本屋さんで本を買ってください。そうしないと町から本屋がなくなります」。海文堂書店最後の夜、福岡店長は店の前に集まった約300人を前に、悲痛なあいさつをした。店は11月下旬、ドラッグストアに衣替えするという。

書店の数やその品揃えによって、地域の文化度がわかる。
そういわれた時代を思うに、なんとも残念でなりません。

下の写真は、以前住んだ街の書店のオリジナルカバー。
カバーや袋は、書店にとって高くつくという話があるので、断るようにしてますが。
チラッと見えたそのデザインに惹かれて、初めて利用したときにかけてもらいました。

デザインもさることながら、「貴方と私の知識の広場」に心意気が感じられて、とてもいい。
紙製なので劣化してきましたが、書店はその後閉業したので、取り置くことにして。
ビニールカバーをつけて、サイズが同じくらいの本やノートに使いまわしてます。
58
秋は、散策するのによい季節。
街の本屋さんを訪ねて、近隣をぷらぷらと眺め行く。
豊かで幸せな過ごし方だと思います。

131028

画像は、サークルKサンクスのニュースリリースから。
普通サイズのすら、食べたことがないもので。
たまたま店頭で現物を見ながら、次回にと見送ったのがいけませんでした。

店頭の棚ポップには、10月28日までとあったので。
次回のつもりで、見た翌日から日参するも、さっぱり見ない。
早い時間に売り切れるのだろうかと、時間を変えてもあいかわらず。

売り切れ御礼で仕入れてないのではないか、調べてみてはと人に勧められて。
遅ればせで調べて、前述のニュースリリースにいきつき、わかったこと。

10 月17 日(木)と10 月24 日(木)の2 日間に限り販売

まじか!!(゚ロ゚;)
もっと早くに調べておけば?
いや、そこまで食べたいという欲求を自覚してなかったもので・・・。

かさ増しで味は変わらんだろう、食べ飽きるだろう。
あるいはまた目にしても、買う気になるかどうかはわからんぞ。
そうは思いつつ、実際はどうだったのかしら、と思いをはせる秋の夜です。

↑このページのトップヘ