カテゴリ:日本のくらし > 社会、政治

帝国の時代をどう生きるか

5月から、合間に読んでいる本。
おもしろいけれども、経済学の解説が長い。
それで合間に読んでます。

著者、佐藤さんに関心を持ったきっかけ。
ウェブで読んだ、毎日新聞の記事にありました。

尖閣諸島:石原知事発言・・・識者「中国を利する発言」

毎日新聞 2012年04月17日 13時18分(最終更新 04月17日 14時14分)

作家で元外務省主任分析官の佐藤優さんは「今回の発言には二つ要因がある。ひとつは、石原氏が領土問題に敏感で高い国防意識を持っていること。もうひとつは『石原新党』が白紙に戻った中、領土問題で強硬姿勢に訴えれば、お金を使わず国民人気を保ち続けることができること。日本政府はこれまで『尖閣諸島に領土問題は存在しない』と主張してきたが、今回の発言で中国との間に深刻な外交問題が生じれば『領土問題』になり、中国はしめたもの、と思っているだろう」と指摘した。(以下略)
このウェブ記事、当初はこちらの記事に含まれてました。
「尖閣諸島:石原知事発言・・・都民「税金なぜ使う」

毎日新聞 2012年04月17日 11時56分(最終更新 04月17日 14時08分)

沖縄県の尖閣諸島を東京都が購入するため、同諸島を個人所有する地権者と交渉していることを明らかにした石原慎太郎知事。中国と領有権を巡って緊張が続く状況の中の発言に、都民や識者からは「日本の領土と主張しておくべきだ」「都のお金を使うのは納得できない」とさまざまな反応が上がった。」(以下略)

含まれていた時、facebookにシェアしました。
付加したコメントは、「佐藤優さんのコメントになるほどと思った」という内容のみ。

シェアには、いくつかコメントが寄せられました。
けれども、佐藤さんのコメントについては、まったく触れられず。
それで、シェアした記事を再見。
記事の内容が、書き換えられたことに気づきました。

本ならば、ウェブと違って即時では書き換えられない。
佐藤さんの本を手にした動機は、きっかけの延長にありました。

最初に手にした本は、西原理恵子さんとの共著。
話題は、ライトなものからヘビーなものまで、多岐に渡る内容。

とりあたまJAPAN: 日はまた昇る!編

この本でわかったことは、佐藤さんが石原都知事を支持していること。
それでいて、ああいう客観的なコメントを出されたのですから、興味はなおつのりまして。
冒頭の本、『帝国の時代をどう生きるか』を手にしました。

読んでいる最中ながら、印象に残ったところを引用。

新自由主義では、市場における主体の行動の障害になる一切の要素を排除するという排除の理論で、旧自由主義のような寛容性が導き出されません。
(略)
新自由主義という名の純粋化傾向を強めた資本主義体制下で生まれるのは、「格差」などという生やさしいものではなく貧困(窮乏)であるということ。
しかし、新自由主義が貧困化を推し進めるので、そこから社会不安が爆発して革命がおきるというシナリオは、理論的にも現実政治の観点からも成り立たないということ。
貧困は、資本主義システムの循環から発生しやすい現象で、恐慌との関連でとらえる必要があること。
2007年に書かれた、このくだり。
2012年の現状には、ますますその色が濃くなっている気がします。 

「心」という言葉を本で見て。
「心」とどう違うのか、ウェブ検索。

結果、ソースがわからない上、内容は似たりよったり。
どちらも同じ説を使っている様子。

やはり国語辞典を買うべきか・・・。
まてよ、漢和辞典なら持ってますぞ(・ω・)

新字源』。
引っ張り出して、調べてみました。
以下、部分的に引用。
[なりたち]衣と、音符里(リ:うちがわの意→埋:マイ)とから成り、衣の「うら」、ひいて「うち」の意を表す。
[意味]うら。うち。おさまる。ところ。

[なりたち]玉と、すじめの意と音とを示す里(リ)とから成り、玉のすじもよう、ひいて、玉を美しくみがく意を表す。
[意味]すじ(すぢ)。ことわり。わけ。宇宙の本体。さが。おさめる。ただす。おさまる。さとる。たのむ。 
ほぅほぅ、違いはわかりました。
熟語ではずばり?
心裡】心のうち。心中。
心理】心のあり方。陽明学でいう心と理。
陽明学(°ω°)

なつかしい・・・。
学生時代にちょっぴり学びました。
中国文学専攻とはいえ、専門は唐宋代の漢文でしたので。
ちょっぴり。

歴史を知ると、今がわかる。
知りたい分野がまた広がりました。 

角川 新字源角川 新字源
販売元:角川書店
(1994-11)
 

120607

リサイクル店でもらった冊子。
配布元は、特定非営利活動法人 WE21 ジャパン

内容は、サイトに掲載されてない様子。
特集の見出し、概略を引用します。
特集 ウラン鉱山に生きる人びとと私たちのつながり
福島の原発事故から1年が経ちました。東京電力の原発で使われていた燃料ウランの一部は、オーストラリアの先住民族の人びとが暮らす地域で採掘されたものです。ウラン鉱山は、ウランを利用する工程(核燃料サイクル)の中で放射能汚染物質が最も多く出ると言われています。そこに暮らす人びとは土地を奪われ、放射能で汚染された地域で生きることを余儀なくされてきました。
今回はオーストラリアのウラン鉱山に生きる人びとと私たちのつながりを考えます。

経済的な結びつきが強い日本とオーストラリア
・日本:原発のはじまり~ウラン輸入
・オーストラリア:ウランは輸出商品

ウランの採掘地域で暮らす先住民族の人びと
オーストラリアの鉱山で採掘されたウランは、日本の電力会社へも売却されています。鉱山で働く人びとは被曝し、積み上げられたウランの残土や廃液で先住民族アボリジニーの土地や暮らしが脅かされています。
ウラン鉱山の採掘現場では、いったい何が起きているのでしょうか?
 
・今も脅かされるアボリジニーの命と文化
・世界遺産につくられた鉱山
・日本のためのウラン鉱山-残された大量のゴミ
・精錬のためにくみ上げられる地下水
・町からやってくる若者の働き場
・暮らしが壊されるアボリジニー

オーストラリアからウランの採掘を止めたい
アボリジニー ピーター・ワッツさん
(オーストラリア非核連合共同代表)のメッセージ
脱原発世界会議HP映像アーカイブより一部抜粋) 

まとめ
ウランの採掘、原発の使用、使用済み燃料の再処理・処分という一連の工程には、最初から最後まで、人体や環境を破壊し続け、暮らしや命を危険にさらす放射性物質という、人間には解決できない問題がついてまわります。
私たちはこれからの暮らしの中で、どんな電気を使っていきたいのかを考え、その思いをまわりの人に伝えて、働きかけて、日本の地域で循環できる安全なエネルギー資源を使っていくことが、今、求められています。
それが、日本に暮らす私たちが世界の人びととともに平和に暮らしていく、第一歩になるのではないでしょうか?

特集を読んだ後。
ウランの採掘、輸出入についてウェブ検索。
こういう記事を見つけました。

銀幕閑話:第383回 「イエロー・ケーキ クリーンなエネルギーという嘘」の監督に聞く- 毎日jp(毎日新聞)

「たとえばエネルギーのコンセプトを語っていると言いながら、実のところはお金について語っていることに非常に怒りを覚えたのです」-ヨアヒム・チルナー監督
国内の記者会見。
人形峠のウラン残土 - 映画『イエロー・ケーキ ~ クリーンなエネルギーという嘘』に寄せて

人形峠は日本国内、ウラン採掘場があったところ。
列席者の土井淑平さんは、ウラン残土市民会議運営委員の方。

「ウラン残土は人形峠周辺で45万平方立法メートル。日本のすべての原発と核施設から出た低レベル放射性廃棄物の2.5倍が放置されている」

人形峠、ウラン採掘に関する日本のテレビ番組。
世界のウラン産出地に昔からある禁忌


イエローケーキ、被曝について。
イラクの村、放射能汚染の影 8年経てがん相次ぐ

記事の文末に、「イエローケーキからウラン235を抽出すれば核兵器の原料にすることも可能。回収されたイエローケーキはその後、カナダに搬出された」とあります。

核兵器とウランについて。

・オーストラリアのウラン採掘は、1950年代にイギリスが核実験用に採掘したことから始まりました。

・天然のウラン鉱石に含まれているウランのほとんどは、核分裂を起こさない種類のウラン238であり、原発や核兵器に使用できる核分裂を起こしやすいウラン235は、一般的には0.7%しか含まれていない。そのため、イエローケーキはアメリカなどのウラン濃縮工場でウラン235の含有率が高められ、原発(3~20%)や核兵器(80~89.9%)に使用される。(冊子より引用)

アメリカは、日本にとってウラン輸入の第三国です。

原発と核兵器の関係について。
小出裕章さんは、こう指摘してます。
「高速増殖炉を諦めない最後の理由:超優秀な核兵器材料」

土井淑平・小出裕章講演in米子(日教組中国地区協議会青年部主催)


検索を一通りしおえて、ある本を注文しました。
きっかけは、下記の推薦文。

「アメリカ先住民が居住区に押し込められてゆく歴史と血塗られたアメリカ合衆国の建国の歴史とは表裏一体のものです。その歴史は、アメリカ・インディアン闘争史「我が魂を聖地に埋めよ」(デイ・ブラウン著、鈴木主悦訳 思想社 1972年)に詳しく書かれています。この本は現在のアメリカの有り様を理解するためには非常に参考になります。是非一読をお勧めします」よくわかる原子力 - 「少しの燃料で大きなパワー」というけれど ーちいさなウラン燃料が出来るまでー

読み応えがありそうです。

↑このページのトップヘ