カテゴリ:マンガ > 絵日記

160506
内服薬が終わるまで、ほぼ引きこもり。その最中にちょっと模様替え。

見晴らしがよくなくても、外の様子が見えるのはいい。机の向きを変えたのは、外が見えるようにというほか、南より東がよかろうというのがあった。南向きだと外向き志向になり、そわそわしちゃうんですと。

採光をいえば、病院では北向きの窓だったが、終日ほどよく感じた。近頃の高層マンションは、人気方位が南でなく北というのに、なるほど。

【関連リンク】
セブンゴールド|セブン‐イレブン~近くて便利~
食べたのは「金の麺 醤油味」。よく売り切れている。シンプル、甘めのお味。

1604301
1604302
1604303
1604304
病名は急性喉頭炎

総合病院には以前から、「かかりつけ医を作り、当病院へは紹介で」と貼り出されていたので。喉の炎症だろうと今回、かかりつけ医を作るとこから始めたが。すぐ行ってと紹介状を出され、あれよという間の入院だった。

「今から入院してください」には驚いたが。「驚きますよね。紹介状をすぐ出されたのは、急を要するということです。仕事の心配してるのでしたら、診断書だしますから、今から入院してください」と丁寧に諭されて。大体の費用を聞いてから返答すると、会計へ向かう際。もはや会話ができない私に、用件のメモ書きを渡してくれた看護士から「そのまま帰ったりしないでくださいね、戻ってきてくださいね」と話しかけられて。とにかく頼ることにした。

いざ入院。といっても、身一つでするわけではない。採血・レントゲンを受け(検尿・身長と体重の測定は医院でのデータを流用)、自分の病床が用意されたフロアで、その時の担当看護士と面通し後、時間を限った外出許可証を持って家まで着替えなどを取りに行く(この総合病院では着替え・箸・コップ・履物等は持参)。

治療は、朝晩に抗生剤の点滴。維持液は24時間、食べられるようになるまで点滴。鎮痛剤と胃薬は希望により、一定時間を置いて服用。食事は軟食。内容は看護士が調整してくれて、柑橘・味噌汁(塩分が痛かった)・牛乳パック(吸引が痛かった)NG。

朝晩の点滴なら通いでも可能ではないか。診察時、声にならぬ声で聞いてみたら、濃度を保つには入院との説明。もし通いでもよいとされ、鎮痛剤をまとめて渡されたら、過剰摂取しかねない状態だったので。即入院がやはり適正だったと思う。

入院中は看護士、栄養士、配膳員、清掃員にも大変お世話になった。科ごとに分けられてないフロアで寝起きし、いろんな様子を見聞きし、自我と在り方のバランス取りを教わる、貴重な機会を得たようにも思う。

痛い時は、痛み止めを飲む前に病院へ
身体においては、都合を優先するものでないということ、心したい。

備考)
・イラストの冒頭、指さし絵は実際のもの(丸に表情をつけた絵)を元に描いた。
・ヒザのケガは抗生剤がきいたのか、化膿せずたちまちかさぶたになった。

【関連リンク】
SplinterCell
スプリンターセル日本公式サイト。世界的に著名なトム・クランシー(故人)監修。

160424

桐の花、アップの写真。模様が絵に描いたよう。
1604

花の名前を知ったのは、たまたま居合わせた人に尋ねて。「桐ダンスの桐、家紋でほらすーっと伸びたあの桐。例年は5月のゴールデンウィーク頃が見頃らしいのが、今年は十日ほど早いらしい」と教わった。

その人も近くにお住まいらしいが、花は初めて見たそう。高いところに咲いているので、なかなか気づかないかも。「今年は見頃をちょっと過ぎたらしい」と残念そうに仰っていたので、教えてくださったお礼に「来年また」と申し添えた。

【関連リンク】
蓬莱山 徳源寺
織田信長の次男信雄が帰依したお寺でしょうか。木瓜の紋は織田氏、桐の紋は?

徳川園
すぐ近く。庭園の牡丹、美術館の平木名品コレクションが今は人気。蘇山荘で喫茶は一度してみたいが、挙式貸し切りなどでいまだ。

たい焼き専門店 万粒
徳源寺を大通り沿いにちょい行くとある。餡なし、アイスもうみゃーでよ。

↑このページのトップヘ