カテゴリ: Web、PC

昨今のスマホにおける警告表示。https接続でない所以が増えていると思う。詳細は「アクセス数の多い記事(2017年4月)」をご覧ください。以下は通常(?)の警告について。
1607141

画像は、スマホからAdobeサイトへアクセスした時のもの。

URLは正しい(なりすましでない)のに、セキュリティ警告が表示された。そういう場合の対処法について、Adobeを例にまとめ。

パソコンからアクセスしてセキュリティ警告が表示された場合は、このページ下部【備考1】をご覧ください。
スマホでセキュリティ警告を表示させない方法については、このページ下部【備考2】をご覧ください。

1.「証明書表示」をタップ

2.「セキュリティ証明書」が表示される
内容を見ると、「発行先」はAdobeだが「発行者」はVeriSign。「発行先」と「発行者」が同一でないため、警告が表示されたことがわかる。
※発行先が「a248.e.akamai.net」、発行者が「Cybertrust Public SureServer SV CA」の場合は、このページ下部【備考1】をご覧ください。


1607142

3.「ページ情報を表示」をタップ
表示された内容見ると、アクセスしたURL(発行先)はAdobe。2で確認した「発行者」VeriSignは、このサイトは安全ですよ~という証明書を販売する会社。したがって、「発行先」と「発行者」は同一でなくても問題ない。「OK」をタップする。

1607143

4.「セキュリティ警告」で「続行」をタップ
Adobeサイトが表示される。

1607144
以上、ご参考になれば幸いです。

【備考1】
例として、パソコンからfacebookにアクセスして表示された場合。(画像は2014年11月30日のもの)

1.「証明書の表示」をクリック


img1

1.「証明書」が表示される
内容を見ると、「発行先」は「a248.e.akamai.net」、発行者は「Cybertrust Public SureServer SV CA」。同一でないため、警告が表示されたことがわかる。
発行先「akamai.net」は、コンテンツ等の配信サービスを行っている「Akamai(アカマイ)」によるもの。facebookはこのサービスを利用しているため、発行先に問題はない。
発行者「Cybertrust Public SureServer SV CA」は、このサイトは安全ですよ~という証明書を販売する会社。
したがって、発行先と発行者が同一でないこと、facebookのURLと合致しないことに問題はない。「OK」をクリックする。

img2

3.警告画面で「はい」をクリック
facebookが表示される。

【備考2】
スマホでセキュリティ警告を表示させなくする方法。リスキーなので、おススメしかねるが、方法としてあるという紹介。(画像はAndroid 5.0.2)

1.スマホ「メニュー」の「設定」をタップ

1607131

2.「設定」が表示される
「プライバシーとセキュリティ」をタップする。

1607132

3.「プライバシーとセキュリティ」が表示される
「セキュリティ警告」にチェックが入っていれば、タップしてチェックを外す。

1607133
以上、ご参考になれば幸いです。
※この記事は、初稿2014年4月10日、再編集2016年7月10日、追記(冒頭リンク)2017年6月30日です。

【関連リンク】
セキュリティ警告が表示されるワケ:のり記(2016年11月30日)
ドメイン名との関係まとめ。

Internet Explorer でセキュリティで保護された Web サイトにアクセスしようとすると、"この Web サイトのセキュリティ証明書には問題があります" と表示される
セキュリティ警告が表示されるわけについて。

総務省|平成27年版 情報通信白書|グローバル市場の動向
平成25年版は標題に「モバイル端末」という単語があった。

Geekなぺーじみんなが知らずに使ってるAkamai
YahooもSONYも利用する配信サービスなので。今回のようなセキュリティ警告は、相当数が表示されているかも。

akamai (アカマイ) ってなに?  a stray jellyfish
既に同じことを調べてブログに書いた方がいました。

0514
アクセス数の多い記事について。

ランキングと傾向、月ごとにさほど変化がないので、今回から関連話を記すことにした。

それでは、以下。

Googleからの警告
セキュリティ警告は、GoogleChromeを使っている人、特にAndroidにおいて使っている人は、目にする機会が増えているだろう。

そのわけはこちら。
サイトの接続が安全かどうかを確認する - Google Chrome ヘルプ

httpsサイトなら錠マーク、httpサイトなら情報マーク、httpでいてログイン機能があると危険マークが表示される。Androidではこの危険マークがすなわち、警告表示に該当する。

危険レベルとされるウェブサイトの数は、少なくないだろう。安全レベルにするためにかけるコスト(セキュリティ証明書、サイト改訂等)から、サイト閉鎖を選ぶ数も少なくないだろう。そうすると、警告はすぐに減るものでない。

ランキングの変化
これは昨今、すでに「スマホでセキュリティ警告が表示されたら」においても見受けられる。

このブログ、現時点ではhttpsでない。Googleランキングにおいて、記事の前後サイトと比べたところ、いずれこの記事はランクを下げていくだろう。

対策として、保有している独自ドメインを利用し、httpsにする手はあるが。このブログは、アフリエイト広告も誘導先も設けず、やってきているので。https化に費用をかける理由が見出せない現状、様子を見ている。

ハッシュタグ(#)
前述のGoogle都合は、さておき。

今時のランク付けに、最も効果的な手法はハッシュタグ。花のサイト動画チャンネルと試行してきて、そう実感した。

サイトなりSNSなり、単体で用いても効果は薄いが。地道なことが最も有効。

医薬という選択
喉痛で病院いったら即入院」について。

この体験から一考。痛み止めをのむ前に病院、処方薬をもらってのむ。それでは、対処法であることに変わりがない。今後も具合が悪くなるたび、入院だなんだという突発事項に振り回される。

いやもう勘弁だわ。

そこで、断薬を始めてみた。これまで症状が出るたび、家庭薬をのんできたので。断薬により、いったんリセットできないものかと考えて。

喉が痛い?熱っぽい?頭痛がする?
常温水をのむ。食事を工夫する。タオルを首に巻く。休息、睡眠、などなど。

始めた当初、一か月ほどはすんなり経過。その後、何度か症状の激しい時はあったが。それまでの辛抱を無駄にしてなるかと、意地をはってきたら頻度が下がり、のまないまま今に至る。

飲食という選択
断薬のほか、飲食物を変えてきた。

身体にまかせるということは、身体への負荷を下げないといけない、そう考えて。濾過、消化が容易なよう、インスタント加工もの、化学物質入りものは避けるようにした。

1年ほど続け、化学物質に敏感になった。匂いが気持ち悪く、食べる人の近くにいられない。食べると悪心、舌が痛い、腹を下す。

特に油、糖において著しい。油はカメリナオイル、糖はてんさい糖、はちみつにしたのが、大きかったと思う。

敏感になり、やりづらいと言えばやりづらい。が、承知の上で摂取すれば、症状は想定内となる。そこまでして取りたいものか、場か、欲求か、選択するようになって。食事で生活が変わるとは、なるほどこういうことかと思う。

以上、関連話。

五月もよろしくお願いします~。

862dc05723a2fcf1b6515901950b0965_l
サイトをリニューアルしてみた、からまもなく。URLにwordpressフォルダ名がついているのは、あまりにかっこ悪いので、直した。
修正前の例)http://noriki.jp/wb/
修正後の例)http://noriki.jp/
アクセス設定で直す方法
一般的な直し方として、フォルダの位置はそのまま、アクセス設定を変える方法がある。
以下、おおまかな手順。(詳細は関連リンクをご覧ください)
  1. wordpressにログイン。
  2. メニュー「設定」>「一般」の「サイトアドレス」を変更、保存。
  3. FTP接続。wordpressフォルダ内の「index.php」「.htaccess」をルートにコピー。
  4. ルートにコピーした「index.php」「.htaccess」を編集、保存。
直せなかった
前述の方法をとったが、直せなかった。そこで、wordpressフォルダをサブからルートへ移動することにした。

wordpressフォルダをルートへ移動する
簡単です。FTP接続して移動するだけ。その前に、お勧めとして二点。
  1. バックアップ
  2. この後で編集する、DBの該当箇所を確認しておく
移動した「index.php」「.htaccess」を編集する
簡単です。wordpressフォルダの箇所を削除するだけ。
例)「/wp/noriki.jp/」は「/wp」を削除し、「/noriki.jp」にして保存。

DBを編集する
  1. phpMyAdmin などで、wordpress のDBにアクセス。
  2. DBのうち、テーブル「wp-options」1行目の「option_value」において、wordpressフォルダの箇所を削除・保存。
    例)「http://noriki.jp/wp/」は「/wp」を削除し、「http://noriki.jp/」にして保存。

wordpressの設定を編集
上記の手順により、wordpressのログインURLはルートに変わっている。下記にアクセス(※)し、「サイトのアドレス」を編集・保存。
※アクセスエラーになる場合、少し間をおいてからアクセスしてみてください。処理時間が多少要るようです。
アクセス先:例)http://noriki.jp/wp-admin/options-general.php
編集例)http://noriki.jp
以上、ご参考になれば幸いです。

【関連リンク】
WordPress を専用ディレクトリに配置する - WordPress Codex 日本語版
一般的な直し方は、「3 既存のサブディレクトリを使ってルートディレクトリに表示する場合」。

WordPress をディレクトリごと移動する方法 - minorio のプログラミング・メモ
ありがとうございました。

↑このページのトップヘ