カテゴリ: Web、PC

Comic13092002
近頃よくニュースで見る、LINEに関連付けた事件について、一考。
4コママンガに描いて、マンガブログに載せましたので、よろしければ。
【4コマ】ソーシャルメディア時代に必要なこと

描いた動機は、他人事ではないという思い。
もし自分が当事者と同年代だったら、同年代の子を持つ親だったら。
そういう仮想に基づく思いもありますし。

学校を会社に、学生を社会人に置き換えれば、まったく同じではないかと。
LINEに限らず、コミュニケーションアプリに関するトラブルを見聞きする度、そう思うので。
当事者に特異性を見出して、オシマイとすることではないだろうと。
自戒の思いもあって描きました。

思うに、過酷な時代だなとつくづく。
twitterでの不適切な写真投稿による炎上についても、そう。
人気の「昭和ノスタルジックな時代」には、本気で怒って一緒に謝ってくれる大人がいるのに。
現実には、「ゆとり世代だから」と更生の機会も与えられず、切り捨てられる。
身分に関係なくつながるインターネット上で、教えもなく罰するのはどうなんだろうと。

教えといっても難しいことではなく、ごく単純なことから始まると思うのですね。
ものを粗末にしない。
情けは人のためならず。
教えて教わり、教わり教えて。
昨今よく耳にする、自助共助にあてはまります。
そして、インターネットメディアは自助共助を実現するものでもあると思うに。
リスクを正しく知って活用したいと思います。

Comic13092001
LINEとは、無料で通話やメールができるアプリのこと。
若年層を中心に広がり、30代以上など一般化しながら、ユーザー数を大きく伸ばしています。
キャリアを気にせず、ニッチな繋がりを持てるのが特徴。

ニュースで問題になっているのは、そうしたニッチな繋がりによる対人トラブル。

知らない友だちと会ったら、犯罪トラブルに巻き込まれた。
友だち同士で噂を広められて、仲間外れにされた。
メアドとパスワードをうっかり知られて、乗っ取られた。

いずれも、インターネットサービスを使う以上、避けられないリスクです。


避けられないリスクがあるから、使わない。
それもひとつの選択ですが、インターネットが普及している現状、すべてにおいて使わない選択をすることは困難です。

使用に関わらず、リスクについて考えること。
なにがリスクで、どう対処すればよいのか、知ることが大切です。


インターネット上のリスクを知ることは、ソーシャルメディアを知ること。
社会との関わり方を学ぶことが、メディア情報を読み解く力になります。


にほんブログ村 漫画ブログへ応援してちょ

【関連リンク】
LINE 安心安全ガイド - 学生のみなさまへ
LINEに関する調査 2013年9月(リサーチバンク)

Comic130824_1k2

はじめて描いた「コミPo!」作品。
facebookの不正アウントは報告ブロック

「コミPo!」とは、絵を描けなくてもマンガを作れる、マンガソフトのこと。
ソフトに用意されているものをそのまま使うと、ほんと簡単にマンガを作れます。
角度を変えたり表情を変えたり加工すると、どのあたりでというキリの見極めがいりそうではあります。
組み立てるようにマンガをつくる ~ 漫画作成ソフト コミPo!(コミポ)

「コミPo!」をくださったのは、坂田誠さん。
実際の使用デモを見せてくださったおかげさまで、サンプルを見ずに手探りで作れました。
マンガブログには、今回の4コマネタで参考にした坂田さんのページとトップを、関連リンクとして記載。
Social Magician Makoto Sakata  ソーシャルメディアのビジネス活用で中小企業の成功事例多数!坂田誠

「コミPo!」は今後も、ソーシャルメディアなどのネタで活用していくつもり。
コミスタ(ComicStudioPro)とあわせて、オリジナルな活用をしていくかどうかは、どうでしょう。
ネタが時事ものの場合、手間をかけるより早さが肝要なような。

はじめてコミPo!を使ってみた感想。
やはりマンガは絵よりお話、構成が肝要なのだなと、あらためて思いました。

↑このページのトップヘ