カテゴリ: Web、PC

a0001_013540
8月下旬に入っても、連日37度ってどういうことー(;゚Д゚)
とはいえ、のびきってるわけにもいかず。
facebookからつながるブログをこことは別に作成、それらと相関するようにサイトのトップを刷新しました。

ついでに、このブログデザインを夏から秋へ変更。
パソコンは茶地に散歩する猫、スマホとモバイルは南国らしき海岸にしてみました。
ホントは、パソコンのデザインで統一したかったけれども、揃ってないんじゃ仕方がない。

近頃、習慣づけてること。
スマホで見て気になった記事はDropboxに共有して、パソコンのブックマと合わせて、ネタログ化に励んでます。
マンガにできること、動画にしたいこと、思考の訓練に使いたいこと、いろいろ。
ネタログ化した中には、自分で書いた気がしないテキストも。

共感という幻想

先日、平和祈願碑の写真をFacebookに投稿したときのこと。
コメントには、その碑が建立された歴史を書こうか考えたが、碑文のみにした。冗長より足らないくらいがよいだろう、と。

ハフィントンポストはおもしろいが、記事末のツイート群はつまらないので、ない記事もあればと思う。
なぜつまらないか理由を考えると、その事柄なり事象なりを議題にすれば、ツイートという文字数が限られる性質上、個々人の感情を述べ合うに留まるからだ。
さらに、感情を述べ合うことは、自然と共感の篩でその話題を目にした者を分別するようになる。
そうすると、そもそも記事にした目的であろう、ではどうするのがよいかという行動の提起を招くことからは遠ざかってゆく。
加えて、記事をシェアすれば、その感情論もシェアされてますます共感の輪が広がり、いわゆる善意や正義を個々人の感情において根拠とし、他者にも同意を求める傾向が強まるだろう。
しかるに、記事のシェアはその記事そのものに意義を見出し、広めたいと考えた場合でも、常に避けるのが最適なのかもしれない。
そういうことを考えた。
人の考えをつまらないとか、失礼なことを書いてますが。
なにぶん書いた当人に覚えがなく、なまあたたかい目で見ていただければと思います。

明日からは雨予報。

動画を作り、その作り方を動画にして、どちらもYoutubeへアップ。
そして、作り方の図解をブログにまとめる。
ひとつのコンテンツを複数の見せ方で伝えるというのを、今回試すことにしました。

まずは、写真6枚を30秒動画にしました。
使用ソフトは「Windows Movie Maker」、OSはWindows8(64bit)。


次に、作った30秒動画の作り方を2分動画にまとめました。


そして、2分動画の図解を以下にまとめました。

はじめに、使用ソフトを準備する
「Windows Movie Maker」は、以下からダウンロード、セットアップしておきます。
ムービー メーカー - Microsoft Windows

動画は3ステップで作成
セットアップしたら起動して、以下の3ステップで作業を進めます。
1.写真を追加
2.音楽を追加
3.追加した写真と音楽を編集

1.写真を追加
起動すると、メニューのタブ「ホーム」画面が表示されます。
画面の右側「ビデオおよび写真を参照するには、ここをクリックします」の箇所をクリック。
クリックすると、ウィンドウ「ビデオおよび写真の追加」が表示されるので、追加したい写真をクリック選択。
start

写真を追加すると、画面の右側に表示されて、メニューにタブ「ビデオツール」が表示されます。
追加した写真は、左上から右下へ再生されます。
再生順序を変えるには、写真をドラッグ&ドロップで移動します。
start-1

プロジェクトを保存
写真を追加したら、予期せぬ終了などもしもの場合に備え、プロジェクトを保存します。
メニューの「ファイル」をクリックして、サブメニュー「名前を付けてプロジェクトを保存」をクリック選択。
表示されるウィンドウ「プロジェクトを保存」で、保存フォルダを選択、名前を入力して、ボタン「保存」をクリック。
hozon

プロジェクトの保存はこまめに、3ステップごとに行います。
プロジェクトを保存するには、メニューの「ファイル」をクリックして、サブメニュー「プロジェクトの保存」をクリック選択。
簡単に保存するには、ショートカット機能を使います(キーボードのキー「Ctrl」を押しながら、キー「S」を押下)。

再生してみる
写真を追加したら、再生できるようになります。
再生するには、画面の左側に表示されるボタン「右矢印」をクリック。
再生時間の調整は、「3.追加した写真と音楽を編集」で行います。

2.音楽を追加
使いたいBGMはあらかじめ、パソコンに保存しておきます。
ここでは、無料音楽サイト「oo39ドットコム」からダウンロードした、mp3データを使用。

メニューのタブ「ホーム」をクリックして、アイコン「音楽の追加」をクリック。
サブメニュー「音楽の追加」をクリックして、表示されるウィンドウ「音楽の追加」で、保存しておいたmp3データを選択してボタン「保存」をクリック。
anima-5

音楽が追加されると、画面の右側に表示されて、メニューにタブ「音楽ツール」が表示されます。
プロジェクトを保存して、編集に進みます。
anima-6

3.追加した写真と音楽を編集
全体の流れを編集してから、アニメーションなどの効果などを加えます。

タイトルとクレジットを追加
追加した写真6枚について、最初にタイトル、最後にクレジットを追加します。

メニューの「ビデオツール」をクリックして、タブ「ホーム」のセレクトボックス「タイトル」をクリック。
表示されるテキストボックスにタイトルを入力。
クレジットも同様に、セレクトボックス「クレジット」をクリックして、サブメニュー「クレジット」をクリック選択、テキストを入力。
anima-2

再生時間を調整
全体の再生時間が30秒になるよう、写真ごとの再生時間を調整します。
タブ「ビデオツール」の「編集」をクリックして、写真ごとに「再生時間」をクリック選択。
再生時間を確認するには、画面の右側にあるボタン「右矢印」をクリック、再生。

anima-7

音楽の再生時間を調整
全体の再生時間にあわせて、音楽の再生時間を調整します。
タブ「音楽ツール」の「オプション」をクリックして、「停止位置」に「30.00」を入力。
ブチ切れにならないよう、「フェードアウト」の「遅い」をクリック選択。
anima-8

アニメーションを追加
画面の右側で、写真をクリック選択。
タブ「ビデオツール」の「アニメーション」をクリックして、セレクトボックスからアニメーションをクリック選択。
「すべてに適用」をクリックすると、選択したアニメーションがすべての写真に適用されます。
anima-1

ここでは、アニメーション「星」を「すべてに適用」。
そのうえで、タイトルとクレジッを個別に設定。
タイトルは「クロスフェード」、クレジットはアニメーションなしにして、タブ「テキストツール」の特殊効果「スクロール」をクリック選択。

おわりに、動画データとして保存する
編集し終えたら、動画データとして書き出します。
メニューの「ファイル」をクリックして、サブメニュー「ムービーの保存」をクリック。
ここでは、「このプロジェクトの推奨設定」をクリック選択。
ファイルの種類は「.mp4」として保存。
output

Youtubeへアップロード
動画データとして保存したら、Youtubeへアップロード。
アップロードは以前のブログページ、文末と同様の手順で行いました。
漫画を動画にしてみる のり記

写真を動画にしてみた感想。
簡単!ムービーメーカー!
再生時間をあらかじめ考えておいたのも、効率よく編集できたゆえでは。

作成手順をまとめた動画については、キャプチャ画像の作成に手間がかかり。
キャプションを追加して、加工して、時間を調整して、ゴニョゴニョ。
漫画を動画にした時くらい、時間がかかりました。
(; ̄Д ̄)

それでも、試したかったこと(ひとつのコンテンツを複数の見せ方で伝える)はできたので、よしとして。
Youtubeについては、カスタマイズなどの権限が付与されたら、追々とします。


静止画像の漫画を動画にしてみました。
効果音がブツ切れなのは、はじめて作ったということで、ご容赦ください。

使用ソフトは、昔に買った「Video Studio Pro X3」。
当時はウェブディレクションの仕事で、TVのCM動画をウェブ用に変換して掲載する案件がありまして。
変換そのものは、動画に通じている担当者によりましたが、ヘルプをする時もあり。
個人でもなにか編集ソフトを保有したほうがよかろうと、試しに買った品でした。

買ったとたんに仕事で使う機会がなくなり、当初のみ触ってそのままでしたが。
編集ソフトをフリーで探し、いくつかダウンロードして試してみたものの、いまいち。
ダウンロード版を外部HDDに保存してあるかもと、ごそごそ探し出して使った次第です。

バージョンは今より3つ前だからか、手間がかかったり感覚的には使えなかったり。
今のバージョンはおいくらかしらと、商品ページを訪ねてみたら、乗り換えだと3000円強お安い様子。
・・・微妙だ( ̄▽ ̄)
もう少し古いバージョンを使ってみて、検討します。
特別優待版  イーフロンティア・Corelストア
Corelの国内取り扱いがイーフロンティアになっているのも、今頃知りましたよ。
130715
さて、静止画像の漫画を動画にする手順について。
まとめると、以下のようになります。

はじめに、漫画をjpgデータに出力
原稿データも外付けHDDにありましたので、掘り起こして出力。
紙しかないわいという場合は、スキャナーで読み込む手順が要ります。
出力は高解像度で。
ここで失敗談を書くと、動画作成の当初、サイトで掲載している低解像度のjpgデータを使ったら、動画の画質がひどいことになりました。
あーぁ(;´Д`)

次に、静止画像の漫画を動画用に切り出し
1.「VideoStudioProX3」を起動
2.1のツール「VideoStudioExpress2010」を起動(2のメニュー「ツール」をクリック、サブメニューから選択クリック)
3.ライブラリー「動画」をクリック、サブメニューから「写真」を選択クリック
4.ライブラリー「フォルダ」をクリック、1のjpgデータを保存したフォルダを選択クリック
5.編集したいjpgデータをダブルクリック
130716
6.アイコン「クロップ」をクリック、チェックボックス「制約」右のサイズで動画の表示サイズを選択クリック、切り出す範囲を選択してボタン「適用」をクリック
1307162
7.ボタン「戻る」をクリックして5に戻り、動画にしたいjpg画像のすべてにおいて、5~7を繰り返す
8.動画にしたいjpg画像をすべて切り出したら、「VideoStudioExpress2010」を終了(タイトルバー右端「×」ボタンをクリック)

いよいよ、動画を作成
1.メニュー「2編集」をクリック
2.「タイムラインビュー」の「ビデオトラック」に、切り出したjpg画像をフォルダからドラッグ&ドロップ
3.2を動画にしたいjpg画像すべてにおいて、繰り返し
4.「タイムラインビュー」の「ビデオトラック」でjpg画像の間に「トランジション」をドラッグ&ドロップ(今回は「クロスフェード」と「黒い画面にフェード」を使用しました)
5.「タイムラインビュー」の「タイトルトラック」に「タイトル」をドラッグ&ドロップ
6.5をダブルクリック、編集
7.「タイムラインビュー」の「ミュージックトラック」に効果音データをフォルダからドラッグ&ドロップ(効果音データはあらかじめフォルダに保存。ここでは「小森 平」の効果音データをダウンロード保存しました)
8.「タイムラインビュー」や「ストーリーボードビュー」を使って、表示時間や効果を変更
1307163

さあ、Youtubeにアップロード
1.メニュー「3完了」をクリック
2.「Youtubeにアップロード」をクリック、サブメニューから動画サイズを選択クリック(今回は「MPEG-4(4:3)」を選択)
3.アップロード終了後、Yutubeログイン画面が表示されますが、ここではキャンセル
4.動画が保存されたかフォルダを確認、オッケーなら「VideoStudioProX3」を終了(タイトルバー右端「×」ボタンをクリック)
5.ブラウザ「GoogleChrome」を起動、動画をフォルダからアップロード

Youtubeに関する補足
Googleアカウントはあらかじめ作成。
ログイン後、「動画の管理」をクリックして動画をアップロード。
タイトル、説明、タグなどを保存。

漫画を動画にしてみた感想。
普通に静止画で動画を作るのは、漫画ほど手間がかからなさそう。
漫画の場合、切り出しにいかんせん時間がかかりますので。

今後は、効果音のつけ方をもっとうまくしたい(´∀`)
たくさんつけるとかえってよくないかも。
Youtubeの使い方もうまくしたいですが、追々とします。

↑このページのトップヘ