タグ:映画

※画像をクリックまたはタップすると、拡大して見られます。
160718m

原作・奥田先生の小説で、初めて読んだのは『イン・ザ・プール』。雑誌でシナリオを読み、おもしろかったので映画館で観て、不満だったので小説を読んだ。

その流れでいえば、今回観た『ララピポ』にはとても満足した。原作はこれから読むつもりだが、奥田先生の世界が描かれていると感じた。

と、私は高評価だが。巷のレビューを見ると、目につくのは散々な評価。下品、普通の人々でない、原作の良さが出てない、等々。同じような評価は、映画『その夜の侍』で見たなと思い出すに、作中のどうしようもなさのリアルな描写に感じ入った。

キャストも申し分ない。カタルシスがないと満足できない人には、おすすめしない映画。

【関連リンク】

ララピポ [DVD]
成宮寛貴
NIKKATSU CORPORATION(NK)(D)
2009-07-10

成宮さんの良さを知った。

ララピポ (幻冬舎文庫)
奥田 英朗
幻冬舎
2008-08

こちらを含め、未読の既刊をすべて読みたい気がしてきた。

堕落論 (280円文庫)
坂口安吾
角川春樹事務所
2011-04-15

性を介した人間考。名作。

昼顔 (新潮文庫)
ケッセル
新潮社
1952-08

こちらも性を介した人間考。名作。

その夜の侍 [DVD]
堺雅人
キングレコード
2013-05-08

きれいにまとめるな、カタルシスは要らない、と。要求される俳優にとっては、苛酷な現場だったらしい。

160619m
オチはあれでよかったと思う。職分を逸脱していると裁判でつつきあげられたら、無罪放免になりかねないし。少女のファイターぶりをよくあらわしている。

【関連リンク】
映画「ザ・コール」公式サイト
キャラ設定が鉄板で、細かいエピソードは省かれているので、お話に集中しやすい。

160617m
わかってあげてよと言うには、あまりにも絶望したんだろうな。。。と、しんみり。しいて言えば、ダンナが愚かすぎる。そして、イケメンは子供の頃さえない。お話の展開といい、鉄板ではある。

【関連リンク】
映画「ロスト・メモリー」公式サイト
受賞の数々、美しい映像にそうだろうと思う。

↑このページのトップヘ