タグ:Windows8.1

1406071
Windowsのディスクといえば、Cドライブのこと。
Windows搭載パソコンを買った当初、HDD(ハードディスク)はCだけなので。
バックアップの手間などを考え、Cを分割してC、D、Fという具合に、わけて使う方法があります。

いま使っているパソコン、Windows8.1では、この方法をとってました。

が、やたらCの空き容量が埋まり、容量不足の警告が出る。

ソフトやデータをいくら分割したDやFに移動しても、Cは埋まる一方。
そもそも、Cから動かせないOSとWindowsソフトの容量が大きいし。
使っているクラウドソフトなどは、保存場所がデフォルトでCだし。

あらためて、Windows8.1のCには、どのくらい容量が必要なのか調べたところ。
全容量500GBとしたら、250~300GBは要るという話が。
そして、パーティションで分割するのがよいとされたのは、XPまでという話も。

まじか(; ̄Д ̄)

言われてみると、XPまでとはリカバリ方法も違うし。
Windows8では、OSとソフトが一体化しているので。
「OSとソフトを分けると、処理は早くて安定する」という概念に合わない。

分割したパーティションD、Fを削除して、ドライブCを拡張することにしました。

まずはリカバリディスクを作成
不具合が発生しても復旧できるよう、リカバリディスクを作成しておきます。
ディスクといっても、Windows8ではDVDメディアではなく、USBメディア。
わたしの場合、すでに作ってあるので、ここでは省略。

次にデータをバックアップ
パーティションを削除すると、中のデータも削除されるので。
削除するパーティション内のデータを、外付けHDDにコピー。
ここでは、DとF内のデータをバックアップしました。
※削除するパーティション内のデータやソフトへのショートカットは、リンク先を変更すること。
変更のタイミングは、Cドライブの容量を増やした後でも構いません。


[コンピューターの管理]で、パーテンションを削除
1.デスクトップで、キーボードの[ウィンドウズ]キーを押しながら、[X]キーを押下。
2.表示されたメニューから[コンピューターの管理]をクリック。
3.削除したいパーティションをポイントして右クリック。
4.表示されたメニューから[ボリュームの削除]をクリック。
※画像はドライブCを例としているため、[ボリュームの削除]をクリック選択できません。
1406073
5.表示された[シンプルボリュームの削除]から[はい]をクリック。
6.削除されて、パーティションには[未割り当て]が表示されます。

ここではD、Fを削除したので、未割り当てのパーティションが二つできました。
この二つをCに統合すれば、Cの容量が増えるので。
いよいよCをポイントして右クリック、メニューから[ボリュームの拡張]を選択。

[ボリュームの拡張]が選べない?
Cの右隣に、[未割り当て]パーティションがあれば統合できますが。
間に[回復パーティション]があると、[ボリュームの拡張]を選択クリックできません。

[回復パーティション]とは、リカバリ領域のこと。
リカバリディスクは作成済なので、削除しようとしても。
[コンピューターの管理]では、メニューに[ヘルプ]しか表示されません。
※画像では、先頭の回復パーティションを例としてます。
1406074

[回復パーティション]を削除するには、[コマンドプロンプト]を使います。

※[コマンドプロンプト]では、文字を入力してコンピューターに命令を実行させます。
入力した文字、実行させる命令に間違いがあると、システムが動かなくなる場合があります。
十分にご注意ください。

[コマンドプロンプト]で、パーティションを削除
1.デスクトップで、キーボードの[ウィンドウズ]キーを押しながら、[X]キーを押下。
2.表示されたメニューから[コマンドプロンプト]をクリック。
3.表示された[コマンドプロンプト]で、「>」後ろにカーソルがあります。
DISKPART」を入力して[Enter]キーを押下。
1406075
4.DISKPART.EXEの確認ウィンドウが表示されたら[OK]をクリック。
DISKPART]画面が表示され、「DISKPART>」後ろにカーソルがあります。
5.「list disk」を入力して[Enter]キーを押下。
※「list」と「disk」の間は、半角スペース1文字。
6.パソコンのHDDが、リストとして表示されます。
1406077
7.「DISKPART>」後ろにカーソルがあります。
select disk 0」を入力して[Enter]キーを押下。
※「select」と「disk」と「1」の間は、それぞれ半角スペース1文字。
8.「ディスク 0 が選択されました」と表示されます。
「DISKPART>」後ろに、「list partition」を入力して[Enter]キーを押下。
※「list」と「partition」の間は、半角スペース1文字。
9.ディスク0の内容が、リストとして表示されます。
[コンピューターの管理]で、削除したい回復パーテンションの容量を確認。
リストでは、同じ容量の「Partition 6」が該当します。
1406076

10.「DISKPART>」後ろに、「select partition 6」を入力して[Enter]キーを押下。
※「select」と「partition」と「6」の間は、それぞれ半角スペース1文字。
11.「パーティション 6 が選択されました。」と表示されます。
12.いよいよパーティションを削除。
「DISKPART>」後ろに、「delete partition override」を入力して「Enter」キーを押下。
13.「DiskPart は選択されたパーティションを正常に削除しました。」と表示されます。
「DISKPART>」後ろに、「exit」を入力して「Enter」キーを押下。
[DISKPART]画面が閉じられます。
14.[コマンドプロンプト画面]も、同様に「exit」で閉じます。

ようやくボリュームを拡張
1.[コンピューターの管理]で、回復パーティションが削除されたことを確認。
Cドライブをポイントして右クリック、メニューの[ボリュームの拡張]をクリック。
2.表示された[ボリュームの拡張ウィザード]で、[次へ]ボタンをクリック。
3.[ディスクの選択]画面が表示されます。
ディスク領域 (MB) を選択]の上下ボタンをクリックし、希望のサイズを指定。
ここでは、まるごとCに統合するので、デフォルトのまま[次へ]ボタンをクリック。
4.表示された[ボリュームの拡張ウィザードの完了]で、[完了]ボタンをクリック。
ボリュームの拡張ウィザード]画面が閉じられます。
5.[コンピューターの管理]で、Cに統合されたことを確認。

ドライブCの容量が増えました\(^o^)/

削除したパーティションへのショートカットは、リンク先の変更をお忘れなく。
変更するには、ショートカットをポイントして右クリック。
メニューの[プロパティ]をクリックすると、[プロパティ]画面が表示されます。
リンク先]と[作業フォルダー]を必要に応じて変更してください。

ご参考になれば幸いです。

【関連リンク】
[Windows 8] ドライブの拡張方法  Q&Aページ  サポート  VAIO  ソニー
[Windows 8] パーティションを作成/削除す...  Q&Aページ  サポート  VAIO  ソニー
EFIシステム回復パーティションの削除  パソコン修理横浜ブログ

DSC_1902
「使うかも」と言った、舌の根が乾かぬ間に。
Bluetooth®USBアダプタを使うことにしました。
のり記:Bluetooth®USBアダプタを使うかも

写真、右上のUSBハブ。
青く光っているのが、Bluetooth®USBアダプタ。
写真の左手、マウスを使えるようにしました。

USBハブの奥、白いアダプタは何か?
キーボードの無線アダプタです。
用意したのが、Bluetooth®USBアダプタを思いつく前だったので。
のり記:無線キーボードを使う

さて、Bluetooth®USBアダプタ。
使えるようにする手順は、無線ほど簡単でなかった。

無線アダプタは、パソコンのUSBポートに刺すだけ。
ドライバ要らず、キーボードのコネクトボタンを押すだけでした。

Bluetooth®USBアダプタは?
ユーティリティソフトウェアが要ります。
アダプタと同梱されたDVDをインストールすればOK。

ただ、このDVDが小さくてですね。
DVDドライブが縦置きタイプだと、載せても落ちる。
仕方がないので、アダプタの品番でWeb検索、ダウンロードしました。

ダウンロードの間、マウスに同梱の乾電池をセット。
インストール後、マウスとBluetooth®のペアリングを行います。
ペアリングとは、互いに認識させること。

NFC reader搭載のWindows8は、かざすだけでペアリングする
とか。
しかし、わたしの場合、Windows8.1ながらデスクトップ型を使用。
机の下にもぐって確認するのは手間なので、デバイスの設定で行うことにしました。

デバイスの設定で行うには?

1.デスクトップ画面で、キーボードの[Windows]キーを押しながら、[X]を押下。
2.メニューが表示されます。
[コントロールパネル]をクリック。
1404051
3.[コントロールパネル]ウィンドウが表示されます。
[デバイスとプリンターの表示]をクリック。
※[デバイスとプリンターの表示]が見当たらない場合、[表示方法]を[カテゴリ]にしてください。
1404052
4.[デバイスとプリンター]ウィンドウが表示されます。
Bluetooth®USBアダプタをポイントして、右クリック。
表示されるメニューから[Bluetooth設定]をクリックします。
1404053
5.[Bluetooth設定]ウィンドウが表示されます。
[オプション]タブで、[検出]チェックボックスをクリックして、チェックを入れます。
(「BluetoothデバイスによるこのPCの検出を許可する」)
[OK]ボタンをクリックして、ウィンドウを閉じます。
1404054
6.以上、Bluetooth®USBアダプタをデバイスに追加できるようにしました。
マウスのコネクトボタンを押して点滅させて、アダプタの傍に配置します。
いよいよ追加作業、[フォルダ]を開いて[PC]をクリック。
表示される[PC]ウィンドウから、[マイBluetoothデバイス]をポイントして、ダブルクリック。
1404055
7.[マイBluetoothデバイス]ウィンドウが表示されます。
[デバイスを追加]をクリックして、[キーボード/マウス]をクリック。
1404056
8.[Bluetoothデバイスを追加する]ウィンドウが表示されます。
追加したいBluetooth®USBアダプタが表示されたら、クリックして[次]へ。
順を追って進めていくと、Bluetooth®USBアダプタがデバイスに追加されます。
1404057
9.[マイBluetoothデバイス]ウィンドウを見ると、追加されたことが確認できます。
1404058

マウスをBluetooth®USBアダプタで使えるようにしてみて、感想。
重い。
Bluetooth®で使えるマウスに、左手で使える種類は数少ないようです。

ついでに、スマホもBluetooth®USBアダプタで、使えるようにするつもりが。
パソコンはスマホを検出せず、スマホはパソコンを検出するが、リクエストに失敗。
現状、USBケーブルで繋げば事が済むので、後日の課題とします。


USBケーブルで気づいたことが、ワイヤレス化。
USBハブを手元に置いたら、あらゆるUSBケーブルが楽に繋げるわけで。

ワイヤレス化したキーボードもマウスも、USBハブで解決したんじゃ・・・。



ご参考になれば、幸いです。

【関連リンク】

ユーティリティDVDが小さいのは、いかがなものか。
Web検索は「BSBT4D09 ダウンロード」でヒットします。

BSBT4D09BK・BSBT4PT02SBK・BSMBB09DSシリーズ(マウス付属USBアダプター)ドライバー | バッファロー
ダウンロードページ。


色違いを使用。


これも色違いを使用。軽量化を熱望。

windows8にBluetoothアダプタで外付けキーボードを設定する方法
同じような記事を探して、見つけたブログ。とても詳しい。

a0002_008425
無線キーボードを使い始めて、しばらく。
無線キーボードを使う : のり記
マウスも無線にしたいなぁと、商品を検索して気づいたこと。

Bluetooth®USBアダプタがあれば、有線から解放されるじゃないの!

無線キーボードを買った時点で、気づくべき。
マウスもプリンタもワイヤレスにできる、Bluetooth®USBアダプタの存在に。
スマホとパソコンのデータ転送も、ワイヤレスで可能になる。

アホでしたorz

が、Bluetooth®機能付きのデバイスが、スマホ以外にないわたしの場合。
パソコン、プリンタ、キーボード、マウス、全てに付加したとして。
買いなおす頃には、Bluetooth®機能付きが標準化しているような・・・。

パソコン用にひとつ、用意すれば。
スマホとデータ転送に使えて。
さらに対応マウスをひとつ用意すれば、今の希望は果たせるか。

そういうわけで、この記事タイトルは「使うかも」。


ご参考になれば幸いです。

【関連リンク】
USBに差し込むだけで、パソコンにBluetooth環境をプラス!:Bluetooth Ver2.0+EDR対応 Microサイズ USBアダプタ(Class 2):PLANEX:BT-MicroEDR2:製品特長
図解がとてもわかりやすい。


ほしくなります。


関連購入にマウス。考えることはみな同じ。

写真素材 足成【フリーフォト、無料写真素材サイト】:投稿者別画像一覧:いしだひでヲ
使わせていただきました<(__)>

↑このページのトップヘ